医師が採用されるまでの手順とは?

医師の採用の手順とは?気になる手順について

医師の転職としてまず、注意すべき点は転職を希望する病院によって採用のための手順が違うという点です。大病院や公立病院では書類選考から始まり、選考後に面接を通して採用の可否が決まります。この点では採用の手順は他の職業と同じといえます。
個人医院や小規模な病院の場合は採用担当者か院長との個人面談を通して判断されることが多く面接の結果そのまま採用になることが多いです。このことから、医師の転職については他の職種とそれほど違いはありません。自分の希望する転職先に就職するためには在職中からの転職活動が欠かせません。できる行動として在職中から各地の医療機関の採用担当者が集まることが多い病院説明会などに足を運ぶことで自分に有利な条件での転職が可能になります。

医師は売り手市場、転職だけだなく非常勤で働く人も多い

医師の働き方として常勤がありますが、もう一方の働き方として非常勤があります。非常勤はいわゆるお医者様のバイトという位置づけですがその働き方の他にも福利厚生面に違いがあます。
非常勤の勤務形態には二種類あります、一つがあらかじめ勤務日を決めて定期的に勤務する「定期非常勤」と特定の日だけ勤務する「スポット」があります。今、非常勤をする医師の間で人気のある働き方として定期非常勤があります、その大きな理由として安定して働けることや求人の案件が豊富であることが主な理由です。勤務時間に関しては主に一日が主流ですが、求人案件の中には午前中のみや午後のみといったものもあります。いろいろと自分で決められる非常勤ですが健康保険や厚生年金などは自分で行わなければなりませんので注意が必要です。