こんな働き方もある!非常勤としての働き方とは

安定性の無さを甘受することで得られるメリット

長年非常勤スタッフとして勤務してきたのに正社員になれないことがしばしば問題になっています。確かに正社員であれば昇給があるところが殆どですし、社会的評価も非常勤よりもずっと高くなるでしょう。また繁閑の差に関わらず安定した雇用があるのも正社員の大きなメリットです。
しかし、非常勤にはそれなりの強みがあります。医師やその他の専門職を仕事にしている人たちの中には、フリーランスとして非常勤スタッフになることを繰り返して生活をしている方が数多くいます。彼らは能力が足りないのではなく、正規職員ならではの人間関係や立場を気にすることが無いメリットを享受しています。また一日当り、一時間当たりの単価がキャリアの少ない正規職員に比べて高いのも大きな魅力です。

一つの組織にとらわれない生き方

人の出入りが激しい業界では、非常勤スタッフは会社にとって不可欠な戦力です。また経験豊かな非常勤スタッフは即戦力として絶えずどこかで募集がかかっている状況です。医師を含めてどの会社でも通用するキャリアや技術を持っている方は、一つの組織で働くことにとらわれずに好条件を求めて勤務先を変えていく生き方もそれなりに魅力があるのです。 もし正規職員で働いていれば、持っている技術だけでなく、いわゆるヒューマンスキルも重要な要素になります。会社の中でポジションを築いていくためには実務以外の部分で気を使うことも多いでしょう。非常勤スタッフであればそのような苦労はありません。高い専門性を元に、精神的に自由な生き方が可能になるのです。基本的な収入の低さはスキルや生活の状況でどうにでもなります。