自分らしく働こう!医師の転職について

医師の転職を成功させるポイント

医師の転職の際に後悔なく職場選びをするためには、賃金ばかりにこだわらずに、仕事の内容やキャリアアップのための方法などにも注目してみましょう。特に、優秀な医師の採用活動を行っている病院やクリニックなどでは、スタッフの定着率を高めるために、待遇改善に力を注いでいるところも目立ちます。そこで、働きやすい職場で長く勤務をしたい場合には、医療関係の求人数の多い転職支援サイトなどを使って、各地の職場環境の良い医療機関を探すことがおすすめです。また、医療機関によっては中途採用の医師のために、専門的な業務に取り組むための研修の機会が用意されているところもあり、業務の合間を縫って業界内で役立つスキルを習得できます。

医師の転職の採用手順

大学病院や研究機関などでの経験を持つ医師は、転職市場において有利な条件で職場選びができる状況となっています。そこで、待遇の良い職場の内定を得るために、各地の医療機関の採用手順を確認することが大事です。特に、医療機関の中で院長や部長などのポストを務めたことのある人は、簡単な面接だけで内定が決まることも珍しくありません。一方、公立病院や総合病院などの外来や病棟などで働きたい場合には、書類選考や筆記試験などの受験が必要となることがあります。また、医療機関によっては複数回にわたる面接が実施されることがあります。そこで、過去の医療現場で得た経験を担当者に対してなるべく分かりやすくアピールをすることが肝心です。